冷泉帝の御前で 行った絵合【出典書籍:眠れなくなるほど面白い 図解 源氏物語】

視聴回数145,253

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

絵を好む冷泉帝(れいぜいてい)
の寵愛を得るために、
斎宮女御(さいぐうのにょうご)
と弘徽殿女御が
絵の優劣を競う。絵合で登場する絵巻は、
『伊勢物語』『竹取物語』
『うつほ物語』など、
当時の実在の物語が
取り入れられている。
絵の作者も当代の
名匠とされる絵師・書家の名を出し、
現実と虚構をうまく交えながら
展開していく。