日本とメジャーで異なるボールにどう対応していた?【五十嵐亮太氏トークショー】

視聴回数2,151,874

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

1997年にヤクルトスワローズにドラフト2位で入団した五十嵐亮太氏は、2003年にクローザーに転向。その年に最優秀救援投手のタイトルを獲得するなど大きく飛躍。2004年には日本人最速タイ記録となる158キロの球速を3球連続で記録している。
2009年にFA権を行使してMLBに挑戦し、ニューヨーク・メッツをはじめ複数のチームでプレー。2013年に日本球界に復帰し、福岡ソフトバンクホークスでのプレーを経て、2019年には古巣ヤクルトスワローズへ。日米通算で906試合に全てリリーフとして登板した日本球界を代表する剛球右腕だ。
その五十嵐亮太氏のトークショーの模様。ショートアームやボールの話題に。
ショートアームとはテイクバックの際に腕を伸ばさず、肘を曲げたままで上げ、早く小さくトップの位置を作る投球フォームで、一般的な投球フォームと比べるとかなりコンパクトだ。メジャーリーグでもトレンドとなっている。打者からボールが離れないなどメリットがある。
五十嵐亮太氏は「大きく使った方が力も抜けるし強いボールが投げられていい」だが「メジャーのボールは滑る」そうだ。日本、メジャー、マイナーで異なるボールへの対応を語ってくれている。
※このトークショーは23年7月に開催されたものです。