アマチュアは構えた時点で“カット軌道決定”となってしまう理由とは?【サラリーマンが週1回50球の練習でスコア70台を出した上達法/坂元龍斗・関西テレビアナウンサー】

視聴回数1,005,084

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

右を向いた状態で目標に向かって打つと、クラブをアウトから入れるしかなくなります。つまり、右を向いた時点で〝カット軌道決定〞となるのです。そんな私がプロと同じ平行のスタンスを取ると、今までのカット軌道のクセが出て、球が大きく左に出てしまったのです。一方、プロは目標ラインに対してスクエアに構え、ボールを目標方向に出します。アマチュアより右に出す分、クラブはインから下りてくるので、常にふところが広く、詰まることもありません。