右手首の動きが強烈なしなり戻りを生む「クラブの“デコピンの動き”」とは?【ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる/森山錬】

視聴回数126,790

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

しなり戻りのメカニズムが理解できたら、実際にクラブでしなり戻りを体感してみましょう。クラブを身体の前で逆に持ち、左手でクラブを真ん中あたりまで引き上げて、右手首のヒンジ(蝶番/ちょうつがい)が限界まできてクラブがしなったら(実際にはしなりを感じられないと思いますが)、左手を離します。そうするとデコピンの動きのようにクラブがしなり戻り、クラブの先が地面を叩きます。これがクラブのしなり戻りの動き。正しいヒンジを作ることによって、しなり戻りも大きくなるので、この動きをしっかり覚えておきましょう。