4人の子どもたちが語る「藤岡弘、」は理想の父親なのか?

視聴回数1,409,658

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の藤岡弘、(75)、長女の天翔愛(20)、長男の藤岡真威人(18)、次女の天翔天音(16)、三女の藤岡舞衣(14)が17日、都内で行われた映画『ドリームプラン』(23日公開)イベントに登壇。ファミリーそろって初のイベント登壇となった。
世界最強のテニスプレーヤー、ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹の破天荒な実父リチャードの驚きの実話を映画化。テニス未経験のリチャードが、2人の娘が生まれる前から独学で作った唯一無二の「計画書=ドリームプラン」と、その計画を信じ続けた父、娘、家族の物語となっている。リチャードを熱演したウィル・スミスは、「第94回アカデミー賞」主演男優賞にノミネートされ、初のオスカー受賞に期待が高まっている。
長女の愛は「この映画そのものが実話に基づいているので、一つひとつが衝撃でした。リチャードの『恐れず集中しろ』という言葉が印象に残りましたね。オーディションや本番を迎える直前、こうなったらどうしようとか、マイナスが状況を考えがち。恐れずに挑戦するって、今の私に一番必要なことだなと感じて…」としみじみ。
長男の真威人は「見終わった後に、家族全員が満場一致で、ウチに似ているとなりました。リチャードという父親が、疑いようのない世界を取るっていう信念と、それに向かって純粋に従って、一丸となって突き進んでいくっていう過程が響くものがあって。僕たちもファミリーとして、芸能界に入って、父から教わったことがたくさんあります」と声を弾ませた。
子どもたちからの感想をしんみりと聞き入っていた父の弘、は「僕は共感ばかりが多かったですね。子を信じ、子は親を信じっていう。『オレは親としては大した親じゃない、だけどお前たちを守ることを考えてきた』という言葉に迫るものを感じました。子どもたちを守るのは親の務めじゃないかと。当たり前のことだけど、いつもそのことを考えてきたので、胸を打つものがありました」と言葉に力を込めていた。