花江夏樹、人生を変えた人は“梶裕貴”「事務所入ったばかりの時に…」

視聴回数2,203,079

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

声優の花江夏樹、梶裕貴が19日、都内で行われたオリジナル劇場アニメーション『グッバイ、ドン・グリーズ!』公開記念舞台あいさつに登壇。自身の運命を変えた出会いについて、花江がとなりにいた梶を見ながら「僕は梶裕貴さんですね。ふざけてないですよ」と切り出した。
 花江は、その真意として「僕が事務所入ったばっかりくらいの頃、まだ(梶に)お会いしてない時に、マネージャーさんから『お前は梶裕貴になれ』と言われまして(笑)。当時は、まだ僕の声が高かったので、そう言われたのですが、ちょっと反骨精神もあって『ふざけんじゃねーぞ』という思いもあって」と笑いを交えながら回顧。
 続けて「そこからいろいろ調べて、お芝居を聞いていくうちに『なんだこの人は』と(笑)。存在を知って数年後に、僕がモブで(梶と)共演する中で『梶さんと僕は違うんだ』っていうのと『少しでも吸収してやろう』という、2人の自分がいまして…。梶裕貴さんの良さは自分には出せないので『梶裕貴は花江夏樹じゃない』という結論にいたりました」とコメント。