横浜流星、マニアックすぎる質問に苦悶 吉高の逃げに「ずるい!」

視聴回数888,642

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の吉高由里子、俳優の横浜流星、三木孝浩監督が3日、都内で行われた映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(公開中)アンコール舞台あいさつに出席した。
 吉高演じる明香里は、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようとする役どころ。横浜は、かつて将来を有望視されていたキックボクサーだったが、過去の事件で心を閉ざし、現在は日雇いバイトで食いつなぐ無口な青年・篠崎塁を演じる。
 10月23日の封切りから1ヶ月以上が経過しており、本作を鑑賞した回数を、横浜が演じた塁にあわせて「2塁」「3塁」と呼ぶことがSNSなどで話題を集めている。
 MCを務めた笠井信輔フリーアナウンサーが「塁が単位になっているの知ってましたか?」と横浜に聞くと「知ってましたよ」と笑顔。さらに、確認がとれている中で、現在“110塁”が最高であることを告げると、横浜は「うそでしょ?絶対僕より知ってますよ。僕は5塁くらいです」と驚き。同席した吉高は「私は2塁ですね…」とファンの熱量に圧倒されていた。