内村航平、現役最終演技を自己採点「60点ですね」

視聴回数2,467,841

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

体操男子で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪で個人総合2連覇した内村航平(33)が12日、東京体育館で最後の大会『KOHEI UCHIMURA THE FINAL』を開催。約30年の競技人生に幕を下ろした。大会後、会見も実施。自身の演技を振り返った。
 同大会には、内村とともに切磋琢磨した多くの選手も集結し、体操演技を披露。リオ五輪メンバーの加藤凌平、白井健三、田中佑典、山室光史、東京五輪メンバーの亀山耕平、萱和磨、北園丈琉、谷川航も参加した。
 自身の演技については「最後、僕としては、みっともない演技だった」とバッサリ。ただ「お客さんが、あそこまで入ると気持ちも上がる。ほかの選手も言っていました。久しぶりに、あんなにお客さんがいるところで演技した。最後に6種目を演技する場としては、ものすごくいい舞台を用意していただいたなという感じです」と口にした。
 自身の演技の点数は、おなじみの辛口評価で「やはり60点ですかね」とニヤリ。「最後の最後まで自分には厳しかったです」と話しながら「最初の床でいいスタートを切れたので『きょうは、まさかのまさかあるかな?』と思ったけど、その思った時点で負けでしたね」と笑った。