古谷徹、40年ぶりの“15歳のアムロ”渾身のセリフ披露に感無量「これで最後になるかも」

視聴回数583,291

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

『ガンダム』シリーズの最新作となる映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(6月3日公開)のスペシャル会見が、「ザクの日」である3月9日に都内で行われ、アムロ・レイ役の古谷徹(68)、ククルス・ドアン役の武内駿輔(24)、安彦良和監督(74)が出席。会見冒頭、古谷は「40年以上の時を経て、15歳のアムロを演じることができて、こんなにうれしいことはない」と、アムロになりきってあいさつして、会場を沸かせた。
 同作は、『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」にスポットをあてたもので、「ひと際異彩を放つ」とファンの心に残る伝説のエピソードを映画化。ファンにおなじみのホワイトベースの仲間たちやモビルスーツが登場するほか、最新のアニメーションで描かれる大迫力のモビルスーツ戦が見どころとなり、壮大なスケールでよみがえるRX-78-02ガンダムとアムロの物語を見ることができる。