白井健三さん、1日限りの“現役復帰”シライ連発の理由を明かす

視聴回数1,351,981

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

体操男子で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪で個人総合2連覇した内村航平(33)が12日、東京体育館で最後の大会『KOHEI UCHIMURA THE FINAL』を開催。昨年に引退していた白井健三さん(25)も登場し、4つの“シライ”を成功させた。大会後に行われた会見にも出席し、技に込めた思いを語った。
 引退し、指導者の道へ進んでいた白井さんだったが、この日の大会では床と跳馬で、あわせて4つのシライを成功させた。白井さんは「きっと航平さんからの依頼じゃなかったら諦めていた」と明かす。「そんなに練習する時間も取れない。声をかけていただいて、うれしかったというのもあるんですけど、絶対に指導と自分の体を動かす割合を逆転させてはならなかった。立場上もそうですし、自分が1番やりたいことはコーチング。そこのバランスを取るのが難しかった。『無理だな』と何回も思った」と振り返る。
 「リジョンソンを伸身にしてシライにするか。試合だったら0.1しか変わらないことですけど、航平さんがなんて言うか考えた時に『抱え込みはできるヤツはいるんだよ』と絶対に言うな、と。伸身じゃなきゃ自分の価値はないと自分を追い込むことができた」と明かす。自身の練習にも熱が入り「試合と同じようなこだわりでした。きょうは、自分がやってきたことを出したい。そうすれば、絶対にお客さんも、航平さんも喜んでくれると思った。特別にお客さんに喜んでもらうためにって考えたわけではなくて、白井健三を出せば喜んでもらえると自身を持ってやりました」と笑顔で語っていた。