高畑充希、国越えて追っかけたブロードウェイミュージカルに主演「なんのこっちゃという感じ」

視聴回数550,253

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の高畑充希が9日、東京・日比谷の日生劇場で行われたミュージカル『ウェイトレス』の初日公演に出演。開演前に取材に応じ、今の心境を明かした。
 本作は、アメリカ映画『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』(2007年)をベースに製作されたブロードウェイミュージカル。2016年3月にブロードウェイで上演されると記録的興行成績を上げ、全米ツアー公演とロンドン・ウェストエンド公演も行い、大盛況に。脚本、作曲、演出、振付の主要クリエイティブを全て女性クリエイターが担当したことがブロードウェイ史上初となり、注目を集めた話題作。
 アメリカ南部の田舎町にあるレストランのウェイトレスで、美味しいパイを作ることで評判だが、夫アールの束縛により、息の詰まる生活を送っている主人公のジェナを演じる高畑は「1月からおけいこしていて、マスクをしながら『どんな顔なんだろ』って思いながら、お芝居をしてきました。海外スタッフも来れるスタッフは来てくれたり、リモートで演出してもらいました。どうなるかわからない中で、みんなで一生懸命やってきた。やっとお客さんと一緒に、このミュージカルを一緒に楽しめるんだと、かなりワクワクしています」と心境を明かした。
 同ミュージカルはブロードウェイでの公演を見たという高畑は「あまりにも面白くて感激してしまった。もう1回、見たいと思ってロンドンに行った(笑)。で、もう1回見たら、やっぱりもう1回見たくなってニューヨークに行って見たんです」とすっかり虜に。「何度見ても楽しい作品。それを日本語で、日本のキャストで上演できるのは幸せ。それに自分が出てるって、なんのこっちゃという今の感じです」と笑顔を見せつつ「ホントにいいカンパニーに恵まれた。お客さんが入って最後のピースが埋まる」と幕開けが待ちきれない様子。ジェナを演じるにあたっては「プレッシャーもすごくありました」とするが「本当に幸せ者。これもご縁。声をかけていただけてよかった」と感慨を語っていた。