ノートルダム大聖堂の火災から5年、12月に一般公開再開 修復費用は903億円

視聴回数1,624,813

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

パリ中心部の観光名所ノートルダム大聖堂が2019年4月に大規模火災に見舞われてから5年が経過した。今年12月の一般公開再開を目指し、作業員らが奮闘している。大聖堂の関係者によれば、これまでにかかった費用は903億円以上。火災の正確な原因はまだ不明で、当局は電気系統の故障かタバコの火の不始末だとみている。