【漫才指導は令和ロマン】仲野太賀、笑いを取るシーンでしみじみ「漫才っていいなって思いました」

視聴回数3,115,109

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

映画「笑いのカイブツ」の初日舞台挨拶が1月5日に行われ、岡山天音さん、仲野太賀さん、松本穂香さん、板橋駿谷さん、滝本憲吾監督が登壇しました。
劇中で、仲間さんと板橋さんは、お笑いコンビとして漫才に挑戦。
漫才指導には「M-1グランプリ2023」で優勝を果たした令和ロマンが入っており、仲野さんは「(令和ロマンが優勝した瞬間は)びっくりしましたね。なんて幸先がいいんだと。“僕らの漫才指導は令和ロマンさんがやっている”これ全面に押し出していきたいですよね」とアピールしました。
続けて「令和ロマンさんに漫才指導をお願いする、うちの製作陣もセンスがいいですよね!」とニヤリ。
さらに、指導の中で印象に残っていることを聞かれると「手取り足取り教えてもらいました。僕は、お芝居で漫才を披露するのは初めてで…」と回顧。
また、漫才シーンは一発撮りだったとのこと。
集まったエキストラの前で初披露した2人の漫才に、滝本監督は「本編では、笑い声を足してない。(2人の漫才を初見で見たエキストラの)実際の声を使っている」と明かしました。