【仲野太賀】岡山天音の芝居にメロメロ「みんな惚れていく感じがさすがだなって」

視聴回数2,284,391

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

映画「笑いのカイブツ」の初日舞台挨拶が1月5日に行われ、岡山天音さん、仲野太賀さん、松本穂香さん、板橋駿谷さん、滝本憲吾監督が登壇しました。
仲野さんは、岡山さんの演技について「撮影監督が、本番のカットがかかったあとに『芝居が良すぎて止められねえよ』と言ってたのを聞いて、天音カッコいいなと思って、それがすごく印象的だった。スタッフがみんな天音の芝居に惚れていく感じが、さすがなだという印象がありますね」と絶賛しました。
また「この人は“役者のカイブツ”だと感じた瞬間は?」と質問されると、仲野さんは「(岡山さんの)感情を爆発させるシーンも印象的だったんですけど、個人的には、セリフもなく、顔も見えないツチヤ(岡山さん)がコケるシーンで、そのこけ方が表情も見えないのにめちゃくちゃツチヤらしさを体現していたんですよ。『この人はいい俳優だな』としみじみ思いました」とコメント。
続く、松本さんも「天音さんでありながら、ツチヤさんで、ナチュラルにお芝居に入っていく。(感情を爆発させるシーンでは)ずっと苦しそうだし、戦っているんだなというのを感じつつ、近くで見ていて、天音さんにしかできないだろうなと思っていました」とベタ褒め。
これに岡山さんは「そう答える雰囲気になってましたもんね」と照れ笑いしつつ、「ありがとうございます」と恐縮しました。