抱っこや座ったままでも出来る 1回だけで効果は歴然!巻き肩改善

視聴回数1,824,585

※ 視聴回数について

mamatas(ママタス)

巻き肩とは?
PCやスマホ作業で前傾姿勢になってしまっていることをいいます。
この姿勢が長いと、肩こりの原因になることも…!
.
①今の巻き肩具合の確認
壁を使って確認していきます。
壁に向かって背中をつけた時に、肩や腰が壁から結構離れてしまっていると巻き肩のサイン…!
これを耳のラインと肩のラインと腰のラインを揃えた真っ直ぐな姿勢になるようにトレーニングしていきます!
.
②トレーニングの基本姿勢
体は全部骨盤ベースで姿勢が作られているので骨盤が整わないことには巻き肩も改善ができません。
腰を反りすぎてしまったり胸を開きすぎてしまうと腰痛や背中の張りに繋がってしまい、不調の原因になるのであえて姿勢を良くしようとしすぎないでOKです。
.
③抱っこしたままスクワット1 10回×3セット
親指をあえて前側において胸を開きやすくしていきます。
足は骨盤幅程度に開き、膝を曲げて、赤ちゃんが前に落ちてこないように体を起こした姿勢を保つのがポイントです。
少し胸を起こしてお尻を斜め下方向に引いていきます。
.
④抱っこしたままストレッチ2 10回×3セット
手を一度上にあげます。
肘を斜め後ろに引っ張るようにして肩を下げていきます。背中もすっきりするし、巻き肩も治ります。
次は小さく振ってみましょう。これで姿勢改善をしていきます。
.
⑤座ったまま骨盤矯正 10回×3セット
前に倒したり、後ろに骨盤を転がしたりを繰り返す動きです。
まずは前に倒す動きから。お腹をピンと伸ばして少し腰を反らせてみましょう。
今度は後ろ側に倒します。腰を丸めてお尻の後ろで座る感じです。
ギリギリのところに座るようにしてください。
.
この三つを30回1セットするだけで胸の位置が上に上がり、お腹が伸びて体が一個薄くなったいいことずくめの体になります。
これを習慣化していくと、このような体が定着していきます。
しっかりと固めていくことが重要になりますので、習慣としてぜひ取り入れてみてください!
.
監修:つむらみおさん
出演者名:中島茉由さん、そうとくん