2008年の北京オリンピックでG.G.佐藤が鮮明に覚えているエラーとは!?【西武ライオンズ】

視聴回数437,156

※ 視聴回数について

ラブすぽ

2008年の北京オリンピック。
準決勝で2つのエラー、3位決定戦でもエラーをして戦犯扱いを受けたG.G.佐藤。
当時を振り返ってもらったが、準決勝の2つのエラーは本当に記憶がなくなっているという。
逆に3位決定戦のフライを落としたエラーは鮮明に覚えていて、走馬灯のようにスローモーションでボールが落ちてきた感覚だという。