鈴木尚広がか語るセカンドランナー時に気をつけていた牽制球対応とは!?【読売ジャイアンツ】

視聴回数1,793,995

※ 視聴回数について

ラブすぽ

かなり専門的でマニアックなセカンドランナー時の牽制球対応についての話。
鈴木尚広はショートの動きに集中していたということ。
ショートは自分の後ろの位置にいるので目で見ることが出来ない。
なので、土のグラウンドだとショートが良く動いている位置の土が荒れているので、そのあたりでよく動いているのだなとイメージしてリードをしていたとのこと。