メジャーに挑戦した入来祐作が感じた日本とアメリカの野球の考え方の違いとは!?【読売ジャイアンツ】

視聴回数576,961

※ 視聴回数について

ラブすぽ

メジャーリーグにも挑戦した入来祐作。
アメリカの野球は好き勝手にやっているようなイメージがあるかもしれないが、日本と変わることの無い「結果を出したい」という気持ちの中、各々が良かれと思う練習をしているのがアメリカ野球だという。
「送りバント」だって生き残るためにはやるという。
ただ、データの取り方、データの使い方は全く違うという。
アメリカでは極端な守備シフトを敷いたりするのはデータから来ること。
日本ではデータがあっても、そこまで極端なことをすることがないと語る。