NPBでは「体が痛い」なんて言えなかった。村中恭兵がNPBへ戻るために必要だと感じていることとは!? 【元 ヤクルトスワローズ/栃木ゴールデンブレーブス】

視聴回数1,772,635

※ 視聴回数について

ラブすぽ

NPB時代を振り返ると、自分の武器であったストレートの威力、スピードを失ってしまったという自覚があるという村中恭兵投手。
栃木ゴールデンブレーブスでは自分の納得いくストレートを投げられるように戻して、できればNPBにもう一回戻りたいと語ってくれた。
NPBという世界は、体が痛くても「痛い」と口にできるような場所ではない。
「痛いか痛くないか」ではなく「出来るか出来ないか」の厳しい場所だという。
2020年は琉球オーシャンズである程度は体をケア出来たという村中恭兵投手。
2021年8月19日現在の村中恭兵投手のBCリーグでの成績は、8試合に先発、6試合でリリーフ登板。
2勝4敗、防御率4.25という成績だ。
おそらく、まだ納得いくストレートを取り戻していない村中恭兵投手。
今後の投球を見続けていきたい。