現役最終年も打率.298のハイアベレージだったが引退。和田一浩語るレフトを守る選手の価値とは?【中日ドラゴンズ】

視聴回数1,241,618

※ 視聴回数について

ラブすぽ

和田一浩さんの現役最終年。
43歳で迎えた2015年のことを話してもらった。
最終年を迎えるにあたり、残り15本としていた6月に2000本安打を達成。
最終成績は打率.298、ホームラン5本。
3割近い打率を残して、まだまだやれるようにも見えたが、本人の感覚はどうだったのか?
また、当時と今とではその感覚も変わってきたという。
「レフトはホームランを打てないとダメ」と和田一浩さんは語る。