横浜流星、誕生日サプライズがカンペ見てしまうハプニング!吉高由里子が「成功でいいよね!?」

視聴回数1,729,466

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 女優の吉高由里子と俳優の横浜流星が15日、都内で行われた映画『きみの瞳(め)が問いかけている』(10月23日公開)の完成報告イベントに登壇。
 この日は誕生日を前にした横浜に向けて吉高がサプライズで祝うという演出に。しかし、カンペを見た吉高を見て横浜が思わずカンペの内容を見てしまう展開に。リモートで繋がった45人の方にバースデーソングを歌ってもらい、笑顔の横浜。吉高がケーキも持って登場。少しハプニングもあったが満面の笑みを浮かべていた。
 メガホンをとった三木孝浩監督は2度目のタッグとなる吉高について「彼女の人柄に助けられた記憶があって、戦友のような存在です。短いスケジュールの中で、現場も大変だったので吉高さんがいれば大丈夫という安心感がありました」と信頼感を明かした。横浜に対しては「極真空手世界チャンピオンの横浜くんとアクションが撮れるなんて、ワクワクしかなかったですね!」と目を輝かせていた。
 吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、小さな楽しみを糧に明るく健気に懸命に生きようとする明香里。横浜は、かつて将来を有望視されていたキックボクサーだったが、過去の事件で心を閉ざし、現在は日雇いバイトで食いつなぐ無口な青年・篠崎塁を演じる。