ミラ・ジョヴォヴィッチが自宅から普段着姿でリモート参加

視聴回数1,041,311

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

ハリウッド実写映画『モンスターハンター』(略:モンハン、26日公開)のジャパンプレミアが4日、都内で行われ、主演のミラ・ジョヴォヴィッチ、ポール・W・S・アンダーソン監督がリモート形式で参加した。
同作の原作は2004年に第1作が発売された、カプコンの人気ゲームシリーズ。映画『バイオハザード』シリーズで知られるアンダーソン監督が指揮をとり、同シリーズで主演を務めてきたミラが再タッグ。アルテミス(ミラ)率いる特殊部隊が、巨大な砂嵐に遭遇して巨大モンスターたちが住む世界に送り込まれるストーリー。
「日本に行くことは、毎回がハイライトで最高の瞬間なの」と“日本愛”を爆発させたミラだが、新型コロナウイルスの影響を受け、来日がかなわず「今回、日本に行けなくて本当に残念です」とポツリ。それでも日本のファンに向けて「みんなに会いたいです!」と呼びかけた。
この日のイベント会場には、キャストの山崎紘菜、日本語吹き替えキャストの本田貴子、松坂桃李が出席。山崎との“リモート再会”を果たしたミラは「もう会いたいわ~! 2年前にこの映画を撮影して、こうしてハグできないなんて想像できなかったわ」と残念がりながら「バーチャルハグでどう?」と、ちゃめっ気たっぷりに笑顔を浮かべた。
また、これまで『バイオハザード』など、ミラの出演作の日本語吹き替えを担当した本田とも“リモート対面”を果たすと「タカコ! あなたは素晴らしいわ! これまでの私の作品、役柄を演じてくれているわけですから信じられないです。私は自分の声が好きではないの。私の英語の声もやってもらいたいくらい」と絶賛の言葉を寄せた。
アンダーソン監督も日本のファンに向けて「10年前に日本に行った時に大好きになったゲーム。日本の皆さんに見てもらえるのがうれしい」とコメント。ラストには、誕生日のサプライズ祝福を受け、大喜びしていた。