鬼越トマホーク、ネタの定番化⁉「ケンカするのが恥ずかしい」

視聴回数670,478

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

お笑いコンビ・鬼越トマホークの特別展示『鬼越トマホーク展』が、きょう5日から16日まで東京・渋谷PARCO5階「PARCO de YOSHIMOTO」にて開催。オープン初日に報道陣の取材に応じ、現在のブレークぶりを語る一方で、最大の武器である“ケンカ芸”の定番化に苦悩を漏らす一幕もあった。
この日もおなじみの“ケンカ芸”を繰り広げ、PARCOスタッフが仲裁に入る。すると、坂井良多が「うるせーな! こんなイベントをやってるらしいから、PARCO大赤字らしいじゃねぇか!」と毒を吐き、相方・金ちゃんが「すいません、本当は思ってないと思うんですけど、僕たちPARCOよりマルイ派なんで…」と畳み掛けて、笑いを誘った。
一方で、ネタが定番化したことについて金ちゃんは「最近、ケンカをし始めるとみんなが笑うようになってきた。『キタ! キタ!』って…」とポツリ。坂井も「最近、ケンカするのが恥ずかしくなってきた。こんな人を見下す芸風をやってるのに、僕らM-1二回戦落ちですからね」と自虐まじりに語っていた。
同展では、ケンカを止められるたびに放たれる強烈なダメ出しの過去の名言から新作まで、一挙に約150点を公開。また、アートギャラリー「ロケット」との合同特別企画として、会場内に「鬼越アートギャラリー」も展開。「鬼越トマホーク」や「ダメ出し・不平不満」といったテーマの元に、4人のクリエイターが制作された多様な作品を展示する。