赤楚衛二、中国語あいさつで無邪気な笑顔!『チェリまほ』人気で話題俳優賞受賞「アジアでもお仕事できたら」

視聴回数465,687

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

中国最大のソーシャルメディア『WEIBO(微博)』で活躍する日本の著名人らを表彰する『WEIBO Account Festival in Japan 2020』が4日、都内で行われ、俳優の赤楚衛二(26)が話題俳優賞を受賞した。
 赤楚は、昨年10月期に放送されたテレビ東京の深夜ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称:チェリまほ)に単独初主演。中国でも高い人気となり、微博のアカウントのフォロワーも急増している。
 壇上でトロフィーをもらうとうれしそうな表情に。スピーチでは「役者を始めて6年目。賞を獲りたいという気持ちは、まだおこがましいなと思いながら、一つひとつの作品をいい作品にしようと思って頑張ってきた。こうして評価していただけて、本当にうれしいです」としみじみと語っていた。
 昨年は『チェリまほ』を筆頭に国外のSNSでも大反響。「『ドラマを見て、大変な世の中だけど、心が救われた』とか『幸せな時間だった』というコメントをいただいた。本当によかった」と届いた内容を説明し、ほっこり。だた、忙しさの変化を問われると「今のところは、あまり感じられず…。年末年始もゆっくりできました」と照れ笑いしながら、「お仕事をいただけて、まだ公開できない作品もある。お楽しみにしてください!」と呼びかけた。そして、「アジアでもお仕事ができたらなと思います。いろいろやらせて、いただけたら」と俳優としての抱負を語っていた。
 また、赤楚は「最後に一言いいですか?」と切り出すと「先ほどの授賞式でごあいさつを中国語でできなかった。それがめちゃくちゃ悔しくて…」と中国語で自己紹介し、満足げに笑顔。直後に、どんなあいさつだったのか聞かれると「はじめまして、赤楚衛二です」とオーソドックス過ぎる内容だったことを明かし、報道陣の笑いを誘っていた。