北川景子、戸田恵子に声を絶賛され照れ

視聴回数728,961

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の北川景子が2日、横浜アンパンマンこどもミュージアムで行われた映画『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル』(6月24日公開)の公開直前イベントに出席した。
 人気アニメ『アンパンマン』劇場映画33作目となる今回の舞台は、どんなものにも変身できる、かわいくて愉快なオバケたちの街の楽しいお祭り“バケールカーニバル”。ばいきんまんから楽しいバケールカーニバルを守るため、アンパンマンたちが大活躍する。
 「親子でアンパンマンの大ファンです」という北川は「放送は週に一回ですけど、録画をして毎日見てます。娘がテレビのリモコンを持って『アンパンマンをつける!』って言葉を覚えたくらいです」と笑顔で明かす。
 今回、変身が苦手なオバケの男の子・ドロリン役のオファーを受け「やったー!って。プレッシャーはありましたけど、これは子どもも喜んでくれるし、自分もうれしい」と笑顔を見せ、「娘にとっては映画館デビューになるのかな? と思ってます」とうれしそうに語っていた。
 アンパンマン役の戸田恵子は、2008年放送のドラマ『太陽と海の教室』(フジテレビ系)で北川と親子役を演じて以来の共演となる。「この間に景子ちゃんは結婚して、お子さんも産んで。もし次に共演するならおばあちゃん、お母さん、そしてお孫さんかな」とほほ笑んでいた。
 イベントにはそのほか、アニメ『それいけ!アンパンマン』のオープニングテーマ「アンパンマンのマーチ」を歌うドリーミングが登場し、会場に駆けつけた子どもたちを前に楽曲を披露。アンパンマンたちも元気いっぱいに踊っていた。