EXIT兼近、授賞式で松本まりかのコメント泥棒!?「ズルいですよね!」

視聴回数4,358,169

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

お笑いコンビ・EXITが、スニーカーにゆかりの深い人物に贈られる『スニーカーベストドレッサー賞 2022』の芸人部門に選出され、22日に行われた授賞式に出席。週刊誌『週刊文春』でグラビアアイドル・本郷杏奈(30)との熱愛が報じられたりんたろー。(35)を、相方・兼近大樹(30)がイジる一幕があった。
 愛用しているマイスニーカーを履いて登壇したEXIT。記念のトロフィーを受け取ったりんたろー。は「自分がただ好きで履いたり、集めたりしたものがこうやって評価されたことがうれしい」と声を弾ませながら「僕一人でいただいたというよりも、ファンの方がレアスニーカーを抽選で当ててくれて、そのたびに僕に送ってくれる。僕とジッター(ファンの愛称)で獲った賞だと思います。なのでこのトロフィーを砕いて、ファンクラブで皆さんとシェアしたい」とジョーク交じりに喜んだ。
 その受賞スピーチを受け、兼近は「最近、熱愛が出まして、その熱愛でファンが離れるんじゃないかと怖くなって擦り寄ってるんです」と暴露。りんたろー。も照れ笑いを浮かべながら「媚びるという形で…」と頭をかいていた。
 今年で5回目を迎える同賞は、2月22日が「スニーカーの日」にあたることにちなみ、「スニーカーが似合う」「今後スニーカーを履いてほしい」「スニーカーの需要喚起に貢献してくれた」人物を各部門から選出。そのほか、女優部門に松本まりか、俳優部門に桜田通、モデル部門に藤井サチ、アーティスト部門に山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS)が輝いた。