佐倉綾音、日向坂46丹生明里にゆるいツッコみ!竹達彩奈と仲良い掛け合いも

視聴回数935,174

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

声優の竹達彩奈、佐倉綾音、日向坂46の丹生明里が25日、都内で行われたアニメ映画『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』初日舞台挨拶に登場した。
 作品内容にちなみ「かけがえのない存在は?」と問われると丹生は「(ファンが)居なかったらライブ会場で私たちはライブすることができないし、いろんなアイドル活動は応援してくれるみなさんがいるからこそ、今できていると思います。私にとってはファンのみなさんが、かけがえのない存在です」とにっこり。
 このアイドルとしての満点回答に佐倉は「丹生ちゃん、100点満点ですね!」とニヤニヤしながら、「私は炭水化物…」と笑わせた。
 そんな丹生は15日に21歳の誕生日を迎えたばかり。この日は花束贈呈で誕生日を祝福され、「平成13年(生まれ)です!」と明かすと、28歳の佐倉は「さっきじゃん!」とイジったが、「さっきではないです!」とツッコミされていた。
 同作は台湾のレイアーク社が2013年にスマートフォン向けにリリースしたゲームが原作。ピアノが鳴り響く音楽学校を舞台に、聴く者すべてを惹きつける見事な旋律を奏でる少女・アリスは、記憶を失っており人と交わろうとしないが、好奇心の強いサニア、優しいロザリアと出会い徐々に変化し、アリスの記憶の扉が開いていくストーリー。
 作品内容にちなみ「かけがえのない存在は?」と問われると佐倉は「私は炭水化物…」とつぶやき、「本当に肉とか興味がなくて、あまり。彩奈ごめんね!」と肉好きの竹達に謝罪。
 肉に興味がないのは本当だそうで、竹達は「一緒にご飯を食べに行った時、肉より炭水化物を重視していました」と明かすと、佐倉は「焼肉屋さんに連れて行ってくれても全然いいの! ご飯しか食べないけど」とばっさり。
 そこまで炭水化物にこだわる理由は「なんか、お肉はご飯を食べるためのハケなんですよ! あ、やばい、怒られる、どうしよう…。お肉もおいしくいただくのですが、お肉についている味でご飯を食べたい! 主役はご飯ということです。おかずとしてしか、肉を見ていない。パン、麺、ご飯…この辺りがないと動けないので大事」と伝えた。