高橋一生、目じりに満面の笑顔シワで”最優秀男優賞”喜ぶ!

視聴回数740,543

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の高橋一生が、2021年の演劇界の成果を顕彰する『第29回読売演劇大賞』で「最優秀男優賞」を受賞し、25日に都内で行われた贈賞式に出席した。
フォーマルな黒スーツに袖を通し、オールバックのヘアスタイルで登壇した高橋は、受賞のスピーチで「自分の人生において、ほとんどの時間をお芝居に携わってまいりました。自分の芝居というものは評価、賞に縁遠いものだと思っておりましたが、この度の最優秀男優賞は、僕にとって大きな指針の一つになります」と喜んだ。
高橋が出演する『NODA・MAP「フェイクスピア」』は、最優秀男優賞のほか、大賞・最優秀作品賞、優秀演出家賞(野田秀樹氏)をトリプル受賞。高橋は「このことが何よりうれしく、幸福なことです。男優賞をいただいたのは、このカンパニーです。本当にありがとうございます」と感無量の表情で語っていた。
読売演劇大賞は、演劇文化の振興のために1992年に創設。選考委員のノミネート、投票委員の投票という2段階を経て、作品、男優、女優、演出家、スタッフの5部門の年間最優秀賞を決定する。このほか、新人を顕彰する杉村春子賞や、長年の功績や優れた企画を顕彰する芸術栄誉賞が設けられている。