JAXAの月探査機、誤差100メートル以内の「精密着陸」へ 日本の技術を世界に示せるか

視聴回数1,183,339

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ロイター映像ニュース

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した日本の無人探査機が20日、成功すれば世界で5カ国目となる月面着陸を目指す。主要各国が月探査を強化する中、目標地点に誤差100メートル以内で着陸することを目指し、狙った地点に降りる技術を実証する。