大泉洋 5万7000円の領収書の疑惑に反論「1ヵ月通ったんですよ!」

視聴回数5,597,103

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

めざましmedia

大泉洋さんが1月22日、「令和6年ボウリング・マスメディア大賞」のグランプリを受賞し、表彰式に登場しました。
「ボウリング・マスメディア大賞」は、日本ボウリング場協会が、1993年よりボウリングの復興・イメージアップに貢献のあった個人、テレビ番組などを表彰するアワード。
大泉さんは、「正直なことを申し上げれば、私はそこまでボーリングを愛していたわけではありませんが、今ではボウリング愛にあふれています。今後の人生のすべてをボウリングにかけて生きていきたい」と意気込みました。
大泉さんは、地元・北海道の番組でボウリングの企画を担当。
その功績が今回の受賞につながったそうで、その番組の共演者のマギー審司さんと札幌テレビ放送の木村洋二アナウンサーも表彰式に応援に駆け付けました。
そこで木村さんから、「(大泉さんが)ボウリングをやった後に、関係者の方と飲んだり食ったりして、5万7000円という領収書を持ってきたというので、(スタッフが)すごく驚いていました」との告白が。
大泉さんは、「あれは別に飲んで食った5万7000円じゃないのよ。(ボウリングを)やったんです。私は本当に練習をしたんですよ。1ヵ月通ったんですよ」と疑惑を否定。
木村さんが再度「どなたがですか?」と聞くと、大泉さんは「わたしがですよ!」と強調して、笑わせました。