フル充電で山手線をぐるっと一周!? 日本の公道を走れる最新式電動バイク「COSWHEEL SMART EV」

視聴回数1,029,608

※ 視聴回数について
朝日新聞社

bouncy / バウンシー

ちょっとしたお出かけには自転車や原付バイクを使う人が多いと思う。だが、そこに電動バイクという新しい選択肢が加わるきっかけになるかもしれない。今回紹介する「COSWHEEL SMART EV」は、そんな未来を感じさせてくれるだろう。
この電動バイクは自転車モード、電動バイクモード、ハイブリッドモードの3WAYで使用でき、場面に合わせていろいろな使い方が可能。また事前に準備さえすれば公道も走行できる電動バイクだ。
「COSWHEEL SMART EV」はMakuakeにてクラウドファンディング中。195,400円から入手可能。
事前準備をお忘れなく
「COSWHEEL SMART EV」は、15Ahの大容量バッテリーを採用。フル充電で最長50キロまで走行可能なので、一周約34.5kmの山手線も余裕で1周できる計算だ。通勤から小旅行まで活躍の幅は広そうだ。
タイヤの太さは約10cm、高い操作性と安定感を両立させてくれる。またホイールは20インチと小ぶりな設計ので、小回りも効きやすい設計。ちょっとした悪路なら問題なく走行できるだろう。
公道を走るために必要な
・前照灯・番号灯/尾灯・警音器・後写鏡・制動灯・前後ウインカー・後部反射灯・速度計
は標準装備されている。
だが、これに加えて
①ナンバープレートの登録と適切な位置への取り付け
②自賠責保険の加入
③ヘルメットの着用
④第一種原動機付自転車を運転できる免許証の携帯
の4つの準備を忘れてはいけない。
また、この電動バイクは原付として扱われるので原則車道でしか走行できないことにも注意が必要だ。ルールを守って、楽しい走行にしてほしい。
・ ・ ・
日本の公道も走れる最新式電動バイク「COSWHEEL SMART EV」。次世代の電動バイクがお出かけに新しい風を吹かせる?
Acalie