紫式部が愛した小塩山・大原野神社とは!?【出典書籍:眠れなくなるほど面白い 図解 源氏物語】

視聴回数407,334

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

現在の京都市西京区大原野の一帯は、
平安時代に朝廷が
狩猟を行う場所だった。
藤原氏の氏神である春日大社から
勧請を受けた大原野神社が
小塩山のふもとにあり、
紫式部自身も氏神と崇め、
和歌にも詠んでいる。