つかまる球が打てるようになる“歩きながら素振り”のやり方とは?【ゴルフは右手の使い方だけ覚えれば上手くなる/森山錬】

視聴回数315,616

※ 視聴回数は1日1回更新されます。

ラブすぽ

切り返しからダウンスウィングで腰が開き、ヘッドが遅れてしまう。そういう人も多いと思いますが、そんなゴルファーにオススメしたいのが、右手で行う〝歩きながら素振り〞です。スタート時点では両足を揃えておき、テークバックの途中で左足を一歩前に出し、クラブを振り抜いたら右足を前に出して元の形に戻ります。これをやることで骨盤を開かずに左に踏み込む感覚が覚えられるほか、マスターすれば、ドローボールや低い球を打つときにも役立ちます。右手で覚えたら、〝両手歩きながら素振り〞もやってみましょう。