川口能活氏&那須大亮氏、サッカー部員にエール「悔しさをバネに…」 元日本代表がGKの極意を高校生に伝授

視聴回数562,350

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 サッカー元日本代表の川口能活氏、元Jリーガーの那須大亮氏が27日、オンライン上で行われた『明日へのエールプロジェクト』に出演。新型コロナウイルスの影響で、今夏の全国高校総合体育大会(以下、インターハイ)が史上初めて中止になったことを受け、現役の高校生からの悩みや質問に答えてエールを送った。
 参加したサッカー部員たちからは「自主練はできるけど、チームでの練習や試合が全くできていない」、「目標としていた大会が中止になってしまった」との声が多くあがり、先が見えず不安な日々を過ごしている様子が伺えた。
 高校サッカー出身の川口氏も、夏のインターハイ中止という異例の事態に「自分がもし同じ立場だったら、何をしていいか分からないというのは分かる。行き場がないというか、そういう気持ちを痛いほど感じる」と心境を察した上で「どんな道に進むにしても、1日の中で無駄なことはない。悔しさをバネに新しいモチベーションを作って、目標を立てて、何かを成し遂げて欲しい。そういう期待感があります」とエールを送った。
 また、那須氏は「余った時間をどう活用するべきか」との質問に「今は、個人だけでなく全体が制限されている状況。そこで絶対に差をつけられる。努力の工夫はするべきだし、努力しないと夢に行き着けない」とアドバイスを送り、「苦しい、つらいという気持ちを絶対に忘れないでほしい。もがくことから逃げなければ、次の目標が出てくる」と自身の経験を交えて呼びかけた。