村田諒太選手、インターハイ中止で将来悩む高校生とトーク「未来で誇れる行動を」

視聴回数97,775

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

 ボクシングの2012年ロンドン五輪男子ミドル級金メダリストで、WBA世界同級王者・村田諒太選手が26日、オンライン上で行われた『明日へのエールプロジェクト』に出演。新型コロナウイルスの影響で、今夏の全国高校総合体育大会(以下、インターハイ)が史上初めて中止になったことを受け、現役の高校生からの悩みや質問に答えてエールを送った。
 これは、インターハイ全30競技の部活動を行う高校生に向け、アスリートや全国の有志からのエールを届けるプロジェクト。第1弾として、アスリートたちから高校生や高校部活動指導者に向けた「オンラインエール授業」を行い、各競技のアスリートたちが、競技人生の中で困難を乗り越えた出来事や前を向いて進んできた経験をまじえ、未来に向けてのメッセージを送るという。
 第1回は、プロボクサーの村田選手が講師を務め、全国高校ボクシング部のキャプテン(部の代表)が集い、「いまとこれから」をテーマに話し合った。高校生から「試合がなくなってしまいモチベーションが…」「目標がなくなってしまった…」「気持ちの面で残念」などとインターハイ中止で悩む声があがった。
 その声に対して村田は、インターハイに5冠を達成したが、6冠を目指す大会に出場できなかった過去があったことを話した上で「インターハイが中止になって悔しい気持ちが理解できる。(6冠を目指す)大会に出ることができなかったから」と彼らの心境へ理解を示した。そして「誇りに思っていることがあって、高校6冠を達成できなかったけど、全日本選手権に出て優勝すれば変則的ですが6冠になるじゃないかと。目標を違うところに変えてモチベーションを保って挑戦した。その先に何かを見たということは、今でも誇りに思っています」と現状を嘆くのではなく未来を見ることが大事だと訴えた。
 学生とのトークを終えたあと村田選手は、学生のリアルな悩みを聞いて「こういうのに(オンライン授業)参加している子たちは、何かを得ようとしている子なのでポジティブ。なので心配はなかったのですが、こういうのに参加していない、ネガティブに捉えている子が心配です」と話した。