戸田恵梨香、理想の母親像を告白「笑顔が絶えないお母さん」 永野芽郁は「母親になるイメージできない」

視聴回数469,845

※ 視聴回数は1日1回更新されます。
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の戸田恵梨香(34)、永野芽郁(23)が11月23日、都内で行われた映画『母性』初日舞台あいさつに登壇。同作で母・ルミ子(戸田)と娘・清佳(永野)を演じる2人が、理想の母親像を語った。
 同作は「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説」とまで語った湊かなえ氏の小説を映画化。ある女子高校生の遺体が見つかったことに端を発した、「母と娘」をめぐるミステリー。
 同作にちなみ、どんな母親になりたいかを問われた戸田は「同作で、大地(真央)さん演じる母を見ていて、いつでも笑顔でいるお母さんってやっぱりすてきだなと思ったんです。なので自分もいつも笑顔で過ごすために、心のゆとりを持てるようになりたいし、穏やかな家庭を築きたいと思いました」と理想の母親像を語った。
 一方永野は「まったく母親になるイメージはできないんですけど、私の母とはすごく仲が良くて、楽しいことも悲しいことも全部話せる。だから私もその日の出来事を全部共有できる母になりたいなと思います」と明かした。MCから「本当に仲がいいんですね」と振られると「仲良しなんです。へへっ」と笑った。
 舞台あいさつには廣木隆一監督、湊かなえ氏も登場した。