ハリウッド女優・忽那汐里、3年半ぶり日本でのイベントに「懐かしい気持ち」 海外での刺激的な生活を明かす

視聴回数753,948

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の忽那汐里が22日、都内で行われた『Forbes JAPAN 30 UNDER 30 2021』授賞式に出席した。
 拠点を海外に移した忽那は、日本でのイベントについて「最後はいつだったか記憶にないくらい前なので、懐かしい気持ちです」とにっこり。現在は“ハリウッド女優”として活躍を見せるが「まだまだ挑戦することが多い。むこうの作品に出ることで、日本の方がもう少し外に出たり、視野が変わっていくきっかけになればいいなと思います」と、日本の役者も海外で活躍したくなるような刺激を与えたいと話した。
 アメリカと日本でのエンタメ作りの違いについては「細かいところはたくさんありますが、大きなこととして、オーディションを1年中受けながら、受かったときは現地でひとりで撮影して、長いときは1年半撮影していたこともあります。ひとりで、異国で慣れない環境で、違う国の方と現地入りする。慣れてきたような、慣れてきていないようなという感じですが、日々刺激的な環境で仕事ができています」と、やりがいを口にした。
 同賞は、グローバルビジネス誌『Forbes JAPAN』が、日本発「世界を変える30歳未満」30人を発表するもので、日本版は2018年よりスタート。グローバルな舞台で活躍をしている、今後、グローバルに活躍することが期待される、業界の常識をくつがえす挑戦をしていることなどが審査基準となっている。今年は、白濱亜嵐、トラウデン直美、大谷翔平選手、競泳の大橋悠依選手、NBAプレイヤーの渡邊雄太選手らが受賞した。