小松菜奈、運命の出会い告白に照れ笑い「優しい気持ちで聞いて」

視聴回数2,125,040

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の小松菜奈が1日、都内で行われた映画『ムーンライト・シャドウ』(10日公開)の完成報告会見イベントに参加した。
 完成報告では、作品の内容にかけ“忘れられない出会い”を明かすことに。説明ベタを自認する小松は「友達Aさんがいて、そのAさんが、よく話していた友達Bさんがいた。Bさんは地方で古着屋さんをやっている、と話していた。古着が大好きなので、何気ない話をしてくれた」と話し始める。
 ある時、Bさんがいる地方に仕事で行く機会があったそう。「そういえばAさんが話してくれたBさんの古着屋さん、この地方だったな、と。でも、名前も場所も教えてもらえなかった。フラッと散歩しながら古着屋さんに入ると、男性に会った瞬間に『Aさんの友だちかも』と思った」という。確認したところ「(Aさんは)友だち!」と返答されたそうで、小松は「こんな引き合わせがあるんだ、と。1発目で友だちの友だちに会えた。すごいびっくりして、盛り上がった。すぐ友だちに報告しました。衝撃的な出会いってあるんだなと思いました」とにっこり。
 ちなみに、古着でも「カッコいいレザーがあったので買わせてもらった。洋服とも、いい出会いがありました」と会心の笑顔を見せていた。
 本作は、1989年(昭和64年/平成元年)に刊行され、社会現象ともいえる大ヒットとなった吉本ばななの「キッチン」(新潮社)に収録されている短編小説が原作。ある日突然、愛する人を亡くした主人公のさつきが、死者ともう一度会えるかもしれない、という不思議な現象〈月影現象〉を通して、哀しみをどう乗り越えるのかを描いた「さよなら」と「はじまり」のラブストーリー。
 完成報告には、宮沢氷魚、佐藤緋美、中原ナナ、吉本ばなな、リモートでエドモンド・ヨウ監督も参加した。