大島優子、指原莉乃、北原里英、横山由依の「Not yet」再集結!卒コンにサプライズ登場

視聴回数1,689,578

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

AKB48の9期生で48グループ前総監督・横山由依(28)の卒業コンサートが27日、パシフィコ横浜 国立大ホールで開催され、大島優子、指原莉乃、北原里英がサプライズ登場し、横山と4人で派生ユニット「Not yet」の2曲をパフォーマンスした。
 Not yetは2011年1月、太田プロダクションに所属する2期生の大島、5期生の指原、北原、9期生の横山の4人で結成された人気ユニット。シングル5枚、アルバム1枚をリリースし、そのうち5作はオリコン週間1位を獲得した。
 デビュー曲「週末Not yet」のイントロが流れ、北原、指原に続いて大島が登場すると、思わずどよめきが漏れた。続けて、1stアルバム『already』収録曲の「Already」を披露前には、「ゆいちゃん、卒業おめでとうございます。末っ子だったゆいちゃんが卒業。今度みんなでごはんに行きましょう」(指原)、「ゆいちゃん、卒業おめでとう。いつもゆいちゃんの頑張りを一番近くで見てこられてうれしかったです。きょうはいい一日にしましょう!」(北原)と声をかけた。
 そして、大島から頭を撫でられた横山はこらえきれずに涙。大島は「心配してません、これからも輝き続けてください」とエールを送った。歌い終わると横山はほぼすっぴん状態となり、先輩3人は「大丈夫?このあと」と心配。横山は「週末Not yet」の前に披露した「最終ベルが鳴る」でドラムを披露していたが、それがうまくいかなかったことも尾を引いていることを告白すると、指原は「C-C-Bみたいだったよ!」と明るく励まし、「ゆいちゃんが“キレ泣き”(泣きながら怒る)してるの久しぶりに見た」と言って北原と喜んでいた。
 横山が「すみません、3人が来てくださったのに」と恐縮すると、大島は「来るに決まってるじゃない」と返して場内は拍手。しかし、「だってもう(卒業コンサートは)ないんだから」「ということは解散でよろしいいですか?」といたずらっぽい笑みを浮かべ、指原は「“ついで解散”やめてください」と笑った。
 横山は新婚の大島と北原に「お二人ともおめでとうございます」と祝福。場内から拍手が沸き起こると、2人は「ありがとうございます」と照れ笑いした。指原は「私にも何かに対しておめでとうってもらっていい?」と横山にリクエストし、素直に「さしこもおめでとう」と祝福して笑いを誘っていた。