“千尋”橋本環奈、帝国劇場で初舞台&初主演に挑戦 「本当にすごく光栄」

視聴回数608,788

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の橋本環奈が9日、都内で行われた舞台『千と千尋の神隠し』の製作発表会見に登壇。初舞台で初主演、かつ有名な千尋を演じる思いなどを話した。
 原作は、2001年に公開され、昨年末に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が更新するまで日本の興行収入1位を20年以上も守り続けた宮崎駿監督による不朽の名作。03年には米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞、19年には中国で公開されるなど、世界中で愛されている。
 初舞台が帝国劇場で、かつ主演を務めるというのは、『ミス・サイゴン』(1992年~93年)の本田美奈子.さん以来という橋本。「千と千尋の神隠しは、世界中のみなさんに愛されている作品。演じさせていただくのはすごく光栄なことだと思います。だからこそ、演じるという気持ちではなく、(千尋として)生きていけるようにと思っています」と並々ならぬ決意を口にした。