大沢樹生、キックデビュー戦は“判定負け” 木下ほうかの強烈キック浴びる

視聴回数1,890,058

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

元光GENJIの大沢樹生(52)が27日、東京・八芳園で開催された経営者らが参戦するエグゼクティブ向けキッボクシングイベント『EXECUTIVE FIGHT ~武士道~宙~ 2021』(小比類巻道場主催)に参戦。俳優・木下ほうか(57)相手に“キックボクシングデビュー戦”を飾った。
 お互いに猛ラッシュを仕掛け、一気に試合のボルテージは最高潮に。トレーニングを重ねた大沢が強烈なパンチを入れると、空手黒帯の実力を持つ木下も強烈なキックで応戦。試合は2ラウンドを終えても決着がつかず、判定の末、木下が勝利を収めた。
 試合後、木下は「大沢さん、舐めてました。もっときれいに簡単に勝てると思ったけど、正直2回ほど気が遠くなる瞬間がありました。負けん気を感じて怖かったけど、何とか勝ててよかった」とコメント。
 ホロ苦デビューとなった大沢は「負けは負けなので言葉はない」と悔しそうに語りつつ「後悔はない挑戦でした! ただもっともっと強くなって次もやらせてもらいます!」と早くもリベンジを誓った。