櫻坂46菅井友香、ミュージカル初挑戦で「夢みたい」 城田優とほっこりするやり取りも

視聴回数939,770

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の城田優が主演・演出を務め、櫻坂46のキャプテン・菅井友香、俳優の三浦翔平が共演する、ミュージカル『カーテンズ』が26日、東京国際フォーラムで開幕した。
 1959年のボストン・コロニアル劇場で、新作ミュージカル『ロビン・フッド』に向けてトライアウト公演の最中、主演女優のジェシカが舞台上で殺害される事件が発生し、ミュージカルオタクの警部補フランク・チョフィ(城田)が捜査に当たりながら、舞台の内容に首を突っ込み始める…というストーリー。
 今作で“ミュージカル初挑戦”を飾る菅井は「ついに来たんだなと。今も夢なんじゃないかと思うくらい不思議な感覚です」と心境を明かすと「このご時世のなか初日を迎えられるかという不安もあったので、その中で演じられることにうれしくて…。そして感染対策を徹底してくれたスタッフ、キャストの皆さん、そしてずっと引っ張ってくれた城田さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔で話した。
 続けて「これをパワーに変えて、初ミュージカルを体当たりで挑ませていただくので、楽しみにしていただけたら」と初々しく意気込んだ菅井。その姿を温かく見守っていた座長の城田は「すごく品が良くておしとやかで、ファンの方が想像されている以上にしっかりされている。その時間が長かったせいか、すでに完成されてしまったので、まずはほぐすところから始めました」と振り返りながら「初日の本読み段階の音源から、すごく成長しました」と賛辞を送っていた。
 キャストにはそのほか、オーディションで選ばれた中嶋紗希がミュージカルに初挑戦するほか、瀬奈じゅん、原田薫、岸祐二、宮川浩らが出演。3月13日まで同所で上演される。