松坂大輔・上原浩治、野球人生初のキャッチボールでトーク展開

視聴回数472,410

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

元プロ野球選手の上原浩治(46)、松坂大輔(41)が2月28日、都内で行われた『2022シーズン スカパー!プロ野球』新CM発表会に出席。公の場では「初めてに近い」というキャッチボールを行い、お互いが気になっていることをぶつけ合った。
上原が松坂にぶつけたのは「西武に戻らへんの?」で「ヘッドコーチに松井稼頭央がいますけど、いずれ監督になるんじゃないかなと。そのもとで大輔が投手コーチとか…。正直に答えてください」とズバリと切り込んだ。松坂は「そうですねー、こればかりはタイミングだと思うので、声をかけてもらった時に僕が、よし今ならと思えたなら、行きたいですね」と思いの丈を打ち明け、上原も「稼頭央に言っときます」と応じた。
これを受けて、松坂が「僕からも、もう1球いいですか?」と急きょ「ジャイアンツに戻らないんですか?」と質問返し。上原が「日米を行ったり来たりしているので、日本にずっとが難しいので、可能性は低いのかな」と話すと、松坂は「可能性はあるということですね」と期待を寄せるなど、指導者としての球場での対面に含みをもたせた。
ゲスト出演を果たした磯山さやかもキャッチボールも参戦し、2人に「印象に残っている対決は?」と質問。磯山の投球について、松坂が「投げ方キレイで、コントロールもよかった」と絶賛する一方、上原は「…まぁキレイでしたよね」と笑いながらイジるなど、ほほえましいやりとりが展開された。
新CMでは、引退して初のシーズンを迎える松坂に対して、上原が「大輔! 野球、見ようぜ!」と球場に誘う。2人のレジェンドが球場に集合し、今年の野球の見方。盛り上がり方を語り合う。この日の発表会には、田中大貴アナも出席した。