『007』ダニエル・クレイグ&ラミ・マレック&レア・セドゥがぶっちゃけトーク!

視聴回数606,918

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

27日、都内で行われた映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(10月1日日本公開)バーチャルイベントが行われた。この日はともに『007』シリーズのロンドンにいる、主演のダニエル・クレイグらと中継を結んで直接対面。女優の前田敦子は“ジェームズ・ボンド”役のダニエルに「目の前にいたら恋するに決まってますよね。ボンドガールの気持ちがすごくわかります。今までのボンドシリーズで一番、セクシー」とメロメロになった。
 中継では、ダニエルのほか、ヴィランを演じたラミ・マレック、ボンド・ガールであるレア・セドゥ、キャリー・ジョージ・フクナガ監督が参加。『007』シリーズ25作目、前作から6年を経たシリーズ最新作となる今作では、ダニエルが最後のジェームズ・ボンド役を演じることでも話題になっているが、ファンを代表して質問することとなった愛之助は「まさかお話できるなんて……なにがなんでも、きょう来たいと。舞台のおけいこを終わらせてきました」と興奮を抑えきれず、前田も「うれしいです。不思議な感覚です。本当にですか?という」と夢心地の様子。
 前田はダニエルに向け「ラストのジェームズ・ボンドと聞いて寂しい。本当にラストになってしまうんでしょうか」と想いをぶつけると、ダニエルは笑いながら「本当に最後です。今、いろいろな想いがあります。甘酸っぱい想いですね。でも十分演りきったと思います。私は次のことに挑戦していく。もちろん寂しさはありますが、また次のボンドに託すという意味で(作品は)続いていくと思います」と達成感をみせた。前田が「私はダニエルさんのボンドが大好きです」と“公開告白”すれば、「センキュー、アリガトウゴザイマス」とお茶目に照れていた。