高橋英樹じぃじ「孫が二十歳になったら車を買ってあげたい!」

視聴回数1,437,719

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

フリーアナウンサーの高橋真麻(39)、真麻の父で俳優の高橋英樹(76)が10日、都内で行われた『深谷ねぎらいの日』記者発表会にゲストとして参加した。
真麻は、4月に第1子女児を出産。出産後に2人がイベントで共演するのは初めて。英樹は「ホッとしていますね。元気でいてくれて、ちゃんとお母さんもしているので」と話し、真麻は「さっきも直前まで孫の話で盛り上がっていました」とにこやかに語った。
ねぎらいたい人について英樹は、結婚45年を迎える「奥さん」と即答。「うちは感謝とかありがとうを声に出して言おう、と。お互いに伝えるということが仲のいい原因かな。わかるだろうと思ってもわからない。だからなるべく声に出す」と夫婦円満の秘訣を語った。
一方の真麻は「夫ということでよろしいでしょうか」と照れ笑い。「イベントで本当に反省した。メディアで言って、ネット記事になって、夫の目に触れて険悪になるループを過去に何回も繰り返しているのに成長しない。ねぎらってほしいとかではない。今も娘の面倒を見てくれている。感謝の気持ちを伝えなきゃと思う」とガチ反省。英樹は「皆様のおかげで、やっと人間になりました」と英樹は感激していた。
孫についてもトーク。「まるで人間が変わっちゃいます。孫は本当にかわいい」と頬が緩みっぱなしで「じぃじと早く呼ばせたい」とにっこにこ。真麻は「喜んでかわいがってくれている。親孝行ができてよかった」とつられて笑顔。秀樹は「孫が20歳になって『免許取ったから車を買って』って言われて買ってあげたい。その時は96歳。そこまで元気でいられたら」とイメージは膨らむばかりだった。