卓球・早田ひな、CS初戦で人生初の始球式「次はノーバンで!」

視聴回数647,528

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

卓球の早田ひな選手(20)が14日、福岡・ペイペイドームで行われたクライマックスシリーズ第1戦の福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズで始球式を行った。
 初始球式で緊張の面持ちでグラウンドに。大きく一息ふいてから行った投球は惜しくも捕手の手前でワンバウンド。それでも最後は笑顔でマウンドを降りていた。
 球団を通じて早田選手は「始球式は初めてです。卓球では感じたことないくらいの緊張で、今でも手足が震えてます。球場に入ったのも初めてですし、試合を観に来たこともなかったので、まずドームの広さに圧倒されました」と振り返る。そして「お客様一人ひとりは遠いんですけど、たくさんの方に囲まれて雰囲気にのまれそうでしたが、練習してきたことを活かすことはできたかなと思います!」と実感を語る。
 最後は「今回はちょっとギリ届かなかったくらいですが、次また機会があればノーバンで投げたいです!」ときっぱり。「クライマックスシリーズぜひ優勝していただきたいですし、今日初めてホークス戦を観戦するのでぜひ勝ってほしいです!」とソフトバンクにエールを送っていた。
 試合は、ソフトバンクが4対3で逆転勝利。1勝のアドバンテージを含めて2勝となり、日本シリーズ進出に王手をかけた。