城田優、甘い歌声でミュージカルの世界へいざなう…圧巻パフォーマンスで魅了

視聴回数206,516

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

俳優の城田優(34)が主演を務めるミュージカル『NINE』の公開舞台けいこが11日、東京・TBS赤坂ACTシアターで行われた。主人公・グイド役を演じる城田は、力強く伸びのある美声を響かせ、会場を魅了した。
 同作は、イタリア映画界の名匠と名高いフェデリコ・フェリーニの自伝的作品『81/2(はっかにぶんのいち)』を原作に、ブロードウェイの巨匠たちにより生み出されたミュージカル。スランプに迷走する映画監督と8人の女性との愛の物語を描く。
 開幕を迎えるにあたり、城田は「とにかく安全第一で、キャスト・スタッフ一丸となって大千秋楽を迎えられるよう、いつも通り精いっぱい舞台に臨んで参りたいと思います。この2020年にふさわしい様々な国の言葉や字幕を使った、多国語のエンターテインメントな内容で、藤田俊太郎さんがお考えになった演出は非常に面白いので、楽しみにしていただきたいと思います。個性あふれる女性の皆さんのエネルギッシュな歌やお芝居にもご期待ください」とコメントを寄せた。
 共演には、咲妃みゆ(29)、すみれ(30)、前田美波里(72)らを迎え、12日から29日まで同所にて上演される。