清原和博、今も月に1度の尿検査「薬から回復したい」 自助グループの大切さを語る

視聴回数1,000,377

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

元プロ野球選手の清原和博(53)が17日、 都内で行われた厚労省主催の依存症の理解を深めるための音楽イベント『Re-START~みんなで考えよう 依存症のこと』に参加。現状を報告した。
 トークショーには、清原のほか、俳優の高知東生、歌手で俳優の杉田あきひろ、元NHKアナウンサーの塚本堅ーが登場。4人は2016年に薬物使用の疑いで逮捕され、その後各自が回復に向け努力を重ねてきた。一堂に会して意見交換することは昨年に続き2度目の試みとなる。依存症啓発サポーターを務める今田耕司も出演した。
 昨年6月に清原の執行猶予期間は満了。同年12月にYouTubeチャンネル『清スポ』を開設し、佐々木主浩や藤川球児ら球界OBとトークする企画や、バッティングセンターで打撃を披露するなどして、現在は登録者数35.3万人の人気を集めている。また、母の命日である今月5日には体に彫られたタトゥーの除去を開始したことを報告していた。