吉川愛、『ラーヤと龍の王国』の反響明かす「友だちが『泣きすぎた』って」

視聴回数349,548

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の吉川愛が15日、都内で行われたディズニー・アニメーション最新作『ラーヤと龍の王国』の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。
 本作は、“龍の王国”を舞台に繰り広げられる少女ラーヤの戦いと成長を描く壮大なスペクタクル・ファンタジー。世界を救う唯一の魔法、それは“信じあう心”。かつては平和な一つの国だったが、邪悪な魔物によって人々が“信じあう心”を失い、バラバラになってしまった<龍の王国>クマンドラ。<龍の石>の守護者一族の娘であるラーヤは、父を失い、人を信じることをやめて、たった1人で生きてきた。
 王国を救うため、かつて魔物を退けたという伝説の<最後の龍>シスーを探し続けたラーヤは、ついに彼女を蘇らせることに成功するが、龍の魔力は失われており、その魔力を取り戻すため<龍の石>を探す旅が始まる。人を信じられないラーヤは、人を信じすぎるほどに信じるシスーとの旅、新しい仲間との出会いによって、世界を救う唯一の方法は、龍の魔法ではないことに気付かされていく。
 主人公・ラーヤを演じた吉川は、作品の反響を問われると「たくさんの友だちが見てくれて『泣きすぎちゃって、友だちと一緒だったから泣き顔を見られて恥ずかしかったから、最後のエンドロールが長くてよかった』って。いろんな人が感動したと言ってくれました」と笑顔で明かした。