松井玲奈、30歳目前で初の映画単独主演「すごく大きな財産」

視聴回数464,788

※ 視聴回数について
(C)ORICON NewS inc.

オリコン

女優の松井玲奈(29)、筧美和子(27)が15日、都内で行われた映画『幕が下りたら会いましょう』(11月公開)の制作会見に出席。本作で松井は初の映画単独主演となる。
本作は、麻奈美(松井玲奈)と尚(筧美和子)の姉妹が、現代社会の抱える問題に直面しながら、不器用にもいまっすぐ生きる女性を描くエンターテインメント作品となっている。
30歳になる年に初めて映画に単独主演する松井は「活動していく中で年齢を気にはしていないのですけれども節目の年に作品のメインに置いてもらえるということは、ありがたいことだなと思います」としみじみ。
麻奈美の役どころについては「内向的というか、感情を表に出さないキャラクターでした。でも、彼女は劇団を立ち上げていて、なぜ感情をうまく出せない人が劇団でお芝居に向き合っているのか。自分が携わっているところからキャラクター像を膨らませ、監督ともお話してキャラクターのバックグラウンドをしながら役作りができたかな」と振り返った。
筧とは初共演で姉妹役。松井は「前からずっとかわいらしい方だなと思っていた。さっき目が合ってドキドキしました」と照れ笑い。共演シーンは少なかったというが「わずかな時間でも姉妹に見えていたらいいな。尚のことを思ってお芝居をしていたので、頭の中では常に筧さんのことを思っていました」と微笑みかけた。
一方の筧は「松井さんが主演で、私のお姉さんと聞いた時、すごくうれしかった。いつも作品で拝見して、とても多彩で聡明な方という印象。ご一緒できるのを楽しみにしていた」と明かしながら「姉妹関係を築きやすかった。お姉ちゃんといるのが自然に作れたのは松井さんのおかげ」と口にしていた。
また、改めて初の単独主演について問われた松井は「真ん中に立つとなると場の空気をよくしたりとか、いろいろなことをしなくてはいけないのかなと思っていたんですけど、逆にみなさんに助けてもらうことが多かった」と述懐。「そのもらった分をお芝居で返して、チームとして、1つのいい作品ができたらなと考えていました。クランクアップのときに、この作品に携わることができてよかった、このチームで映像を作ることができてよかったというのが私のすごく大きな財産の1つになった」と撮影時の心境を説明。1つ成長できたことを語った。
会見には、日高七海、しゅはまはるみ、江野沢愛美、前田聖来監督も参加した。